はじめての方へ

ワークトライアルにかける思い。
株式会社ジオコス代表・伊藤秀一からのメッセージです。

大切なのは、組織と人材の相性。

これが結論。いい職場選びとは、組織と人材の相性でしかないと思っています。どんなに憧れた職業だったとしても、特技が活かせるステージがあっても、好きな仕事内容だったとしても、その組織から離れていく人が存在します。一方、関心のなかった業種なのにも関わらず、その環境さえ気に入ってしまえば、苦労も覚悟できます。成長を喜べます。仲間との時間が楽しめます。つまり、どんな人たちと過ごすのか。どんな環境で過ごすのか。それが何より大事なのです。それなのに、採用・選考の場面ではその相性をはかることができません。

採用直結のインターンシップがあってもいい。
ひとりひとりが自らのシゴトに誇りを持って働く。
そんな世の中を創っていきたい。

そんな思いが募って、この『体験型の就職(採用)活動』構想がムクムクと湧き上がってきました。突然ひらめいたのではありません。就職・採用にかかわり続けて、模索を続けて、ようやく辿り着いた。そんな思いです。ただし『インターンシップ』という言葉の概念が『単なる就業体験の場』とすれば、インターンシップという言い方は、適切ではないのかもしれないなぁ?…と。『ワークトライアル』と名付けたのにはそんな理由があります。

誰もやらない面倒な方法。だから「やる」のです。

「もっと手っ取り早く採用したい!」という企業もあると思います。労働力確保のためには『お試し期間』なんて悠長な話はムダでしかないでしょう。その事情、わかります。しかし、私たちが取り組んでいくのは、ただ単純な労働力確保ではなく『ともに苦労して成長して同じ夢を成し遂げていく仲間』を探すための『場(機会)づくり』です。猫の手を探している企業様には不向きな採用手法なのは間違いなく、また、承知した上でのサービスです。

採用広報の制作会社が母体だからこそのサービスを。

私たちは採用広報ツールの制作集団として設立から20年(ジオコスWebサイト参照)の歴史を重ねてきました。シゴトに関わる情報発信には、何千件もの実績があります。なかでも、採用難易度が高い案件や不人気業種のお客様にこそ頼りにされてきた、と自負しています。『ワークトライアル』のサイトには、ジオコスの制作スタッフが、額に汗して、知恵を絞って、心を詰め込んだ情報を掲載しています。単なるインパクト重視のクリエイティブとはひと味違う、その仕事・その会社の魅力を抽出した『ワークトライアル』ならではの情報発信で、一人ひとりの心が動く瞬間があることを願ってます。

ページトップへ
Copyright © 2012- ワークトライアル All Rights Reserved.